日本の贈り物文化の一つ「お歳暮」の基本的な知識

知識を学んで贈ろう【お歳暮を贈る際のマナー】

お歳暮の歴史について

お歳暮の起源は、季節ごとに行われていた中国の供物の慣習まで遡ります。この風習と日本における新年の神様へのお供えをする行事と関連付けられた結果とされています。年の暮れに本家に供物を持参する行事がお歳暮の起源であり、江戸時代には一般大衆に定着しました。

お歳暮とお年賀の違い

それぞれの意味の違い

お歳暮はお世話になった方に、一年の感謝の気持ち込めて贈ります。お年賀は、新年の挨拶を込めて持参する手土産のことを指します。

それぞれの贈り方の違いとは

お歳暮は12月中旬から25日頃に贈ります。お年賀は三が日に贈るのが原則ですが、7日の松の内まではお年賀とすることができます。

日本の贈り物文化の一つ「お歳暮」の基本的な知識

男女

お歳暮を贈る際に把握しておきたいマナー

12月初旬から12月25日に贈るのが一般的です。遅すぎる失礼となりますので注意。昨今は11月下旬から早めに、手配する傾向があります。また、先方の好みや嗜好に合わせて品物を選ぶことが大切です。なお、祝い事ではないので、喪中に関わらず贈ることができますが、直近で不幸があった場合は、時期をずらして別途、粗品として贈る方法が良いでしょう。

喜んでもらえるお歳暮を選ぶ際のポイント

感謝の気持ちを伝えるとしても、高価すぎるものは避けましょう。先方に心理的に負担をかけてしまいますので、一般的に5000円程度を上限するのが良いでしょう。また、本人の趣味嗜好や家族構成に合わせて、品物を選ぶと喜ばれます。毎年、同じものではなく、多少の意外性を持たせるのも良い考えです。もし、商品選定に困ったら、ギブト券や商品券も、喜ばれる無難な選択です。

目上の人にお歳暮を贈る際の注意点

はじめて上司に贈る場合は、虚礼廃止を禁止しているか事前に確認しましょう。贈る相手は、普段からおつきあいがあり、お世話になっている方に絞ることをお勧めします。また、毎年贈っている場合、一方的に贈るのをやめるのはマナーに反しますので注意。時期は早まっており、12月初旬からで問題ありません。値段は、3000円から5000円が一般的ですが、前年より安い物は避けます。

実際にお歳暮を頂いた人からの声

自分も一人前になった!

初めてもらったお歳暮は、コーヒーセットでした。普段から好きなことを知って上で贈ってもらったもの、その心遣いに感謝しています。一人前の社会人になった気がしました。

迷惑なお歳暮に困ることも

趣味嗜好に合わない飲み物や食べ物が、大量に送られてくると、迷惑に感じることがあります。角が絶たないように、断るにはどうしたらよいのか難しいなと感じます。

ふだん買わないものは嬉しい!

自分ではめったに買わない人気のケーキ屋やクッキーの詰め合わせが届くとと、とっても嬉しいです。わたしの好みを知っていてくれたんだなと、嬉しい気持ちになります。

広告募集中