人気のプリザーブドフラワーのフラワーギフトを贈ろう

デリケートなフラワーギフト【注目されている枯れないお花】

プリザーブドフラワーとは

生花や葉を特殊な加工を施し、水分を抜いて長持ちする素材としたものです。枯れない花として長く楽しめるとともに、生花にない色合いを演出することができます。また、人体に害のない薬品を使っているので安心です。

プリザーブドフラワーの取り扱いで注意するポイント3点

水やりの必要はありません

水分を抜いて仕上げていますので水やり不要です。むしろ水分の補給で薬剤が溶け出し、周囲の壁や家具への色移りが懸念されますので注意してください。

高温多湿、直射日光を避けてください

湿度が高いと液垂れや、鮮やかさに悪影響があります。また、直射日光により色あせや、花びら切れなどの弊害があります。風通しの良い所がお勧めです。

薬剤を使用・デリケートなので注意

子供やペットの誤飲に注意してください。花びらはデリケートですので、手入れの際に傷めないように注意。また、衣服や壁、床への色移りにご注意ください。

人気のプリザーブドフラワーのフラワーギフトを贈ろう

花

手作りキットも豊富!

プリザードフラワーを手軽に楽しめるキットが人気です。製作に必要な材料が全て用意されており、分かりやすい説明書も付いてきます。初心者でもハサミとボンドがあれば、すぐに手作りを楽しめるのが特長です。
難易度のバリエーションも豊富で、超初心者から上級者まで幅広いニーズに対応。通販サイトが充実しており、手軽に購入できるので便利です。

オンラインサイトで購入する際に気をつけたいこと

プリザードフラワーをオンラインサイトで購入する際には、大きさの確認が必須です。特に、親しい人や会社関連に贈る場合には、送付される品物のサイズを把握し、先方が困らないように配慮することをお勧めします。また、注文してから発送されるまでの日を、事前に把握しておくことも重要です。料金の支払いがされてから、発送というケースもありますので注意しましょう。

気になる価格について

プリザードフラワーの価格は、目的によって数千円から、高いもので数万円程度するものがあります。花の数や入れ物にもよりますが、一般的な贈り物としては、3000円程度が相場価格となっています。花の数を多くしたり、豪華版のケース付きとなれば、5000~1万円程度、特別なイベント用として、オーダーメイドを依頼すると数万円となる場合があります。

お悔やみのギフトとしても最適な理由

お悔やみやお供え用の花として、フラワーアレンジメントが用意されています。プリザードフラワーがよく使われるのは、手入れ不要で飾り付けの負担が少なく、枯れない供花として長く使えるからです。
特に生花は夏場に痛みやすく、ニオイや虫が気になりますので、いつまでも美しさを維持できるプリザードフワラーの供花は便利です。

実際にプリザーブドフラワーギフトをもらった人からの声

手間いらずなのが嬉しい

はじめて見たのが、母の日にもらった時です。水やりしなくても枯れずに、いつまでも綺麗なので嬉しかったのを覚えています。手間いらずなのも嬉しいですね。

置き場所に困らないで楽!

生花と違って手入れが不要なので、プリザーブドフラワーは扱いやすくてて好きです。もらったものはコンパクトで、置き場所に悩まなくてよかったです。

生花よりも長く残るから嬉しい

友人からもらったものがプリザーブドフラワーでした。手軽に取り扱えるし、長持ちするので嬉しいです。わたしも知り合いに贈るなら、これかなと思います。

枯れた花を見ずにすみます

花を枯らしてしまうと、なんとも言えない気持ちなってしまうので、プリザーブドフラワーをもらうと嬉しいです。一人暮らしなので、手間がかからないので楽です。

広告募集中